トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

postfix

sendmailにかわるSMTPサーバー

ソースからインストール

#tar -zxvf postfix-2.2.8.tar.gz
#cd postfix-2.2.8
#make
#make install
install_root: [/] /usr/local/postfix
tempdir: [/usr/local/src/postfix-2.2.8] /tmp/postfix
config_directory: [/etc/postfix]
daemon_directory: [/usr/libexec/postfix]
command_directory: [/usr/sbin]
queue_directory: [/var/spool/postfix]
sendmail_path: [/usr/sbin/sendmail]
newaliases_path: [/usr/bin/newaliases]
mailq_path: [/usr/bin/mailq]
mail_owner: [postfix]
setgid_group: [postdrop]
html_directory: [no]
manpage_directory: [/usr/local/man]
readme_directory: [no]

rpmからインストール

これはyumでインストールした。

# yum install postfix

パッケージのバージョンはpostfix-2.2.2-2だった。

設定で大事なのは

/etc/aliases
/etc/postfix/main.cf
/etc/postfix/virtual
/etc/postfix/header-check

aliasesを反映させるには

# newaliases

virtualを反映させるには

# postmap /etc/postfix/virtual

spam対策

/etc/postfix/header_checks

if /^Date/
!/Date:.*\+0900/ REJECT
endif

ヘッダー情報の先頭がDateの行で、タイムゾーンが+0900(日本)のとき以外はREJECTするという条件。

# 悪い例
if /^Date/
    !/Date:.*\+0900/ REJECT
endif

上記のようにインデントするとうまく機能しない(マニュアルに書いてある)。

またifでDateの行のみを対象にしないと、かならずREJECTしてしまうので注意w

header_checksを有効にするにはmain.cfのコメントアウトをはずす。

/etc/postfix/main.cf

header_checks = regexp:/etc/postfix/header_checks

その後、再起動

/etc/init.d/postfix restart