トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Raspberry Pi3

ハードの準備

Raspberry Pi 3 Model B
https://www.raspberrypi.org/products/raspberry-pi-3-model-b/
Pi1 Model BPi2 Model BPi3 Model B
CPU700MHz ARM1176JZF-S 1コア900MHz ARM Cortex-A7 4コア1.2GHz ARMv8 4コア
メモリ512MB1GB1GB
ストレージSDカードmicroSDカードmicroSDカード
外部入出力GPIO 26ピンGPIO 40ピンGPIO 40ピン
電源5V 700mA 3.5W(B+は600mA 3W)5V 900mA 5.5W5V 2.5A
無線802.11n Wireless LAN/Bluetooth 4.1
  • Pi3本体と基盤むき出しが嫌ならケース(常時稼動ならファン付きケース推奨)
  • 2.5AのUSB電源とUSBケーブル
  • 4GB以上のmicroSDカード

Pi3ではCPU性能UPと無線が追加されたため、最大消費電力が大幅に増えている模様。
CPUは高負荷時にかなり熱を持つようでファン付きのケースがおすすめ。
無線を使わなければ2.5Aもいらないと思うんだけど、ファンを付けるなら2A以上は欲しいところ。
本体価格は旧型とほぼ一緒。その他1〜2万円で揃うはず。
あとは既存のLANがあれば、他のPCからSSH接続をかけて設定(運用)可能。

GUIなデスクトップ環境で単体利用するなら

  • USBマウス
  • USBキーボード
  • HDMI端子の付いたモニタ
  • HDMIケーブル

もいる。

Raspbian等の設定はRaspberry Pi2といっしょなので割愛。