トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Raspberry Pi2

ハードの準備

Raspberry Pi 2 Model B
https://www.raspberrypi.org/products/raspberry-pi-2-model-b/
Pi1 Model BPi2 Model B
CPU700MHz ARM1176JZF-S 1コア900MHz ARM Cortex-A7 4コア
メモリ512MB1GB
ストレージSDカードmicroSDカード
外部入出力GPIO 26ピンGPIO 40ピン
電源5V 700mA 3.5W(B+は600mA 3W)5V 900mA 5.5W
  • Pi2本体と基盤むき出しが嫌ならケース
  • 1A以上のUSB電源とUSBケーブル
  • 4GB以上のmicroSDカード
  • LANケーブル

1〜2万円で揃うはず。
あとは既存のLANがあれば、他のPCからSSH接続をかけて設定(運用)可能。

GUIなデスクトップ環境で単体利用するなら

  • USBマウス
  • USBキーボード
  • HDMI端子の付いたモニタ
  • HDMIケーブル

もいる。

SDカードの準備

ここではRaspberry Pi用にモニターを用意せず、PCからLAN経由のSSH接続で操作することを前提に準備を進める。

Downloads | Raspberry Pi
http://www.raspberrypi.org/downloads

まずPCに

をダウンロードしておく。
※NOOBSはRaspberry Piにモニターやキーボードを接続しないと使えないので、ここでは無視。

  1. PCにSDカードを接続(カードリーダーが必要)。
  2. Raspbianを解凍し、.imgファイルを用意。
  3. Win32DiskImagerを解凍しWin32DiskImager.exeを実行、先に解凍した.imgファイルをSDカードに書き込む。

これだけで準備完了。

本家からのraspbianダウンロードが目茶遅でイラッっと来た人は、JAISTからもダウンロードできる。

北陸先端科学技術大学院大学 | raspbian images
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/raspbian/images/

Raspbianへの接続

  1. Raspberry Piに先に用意したSDカードを挿入。
  2. PCのLANにRaspberry PiをLANケーブルで接続。
  3. Raspberry PiにUSB電源を接続(Raspbianが起動する)。

DHCPがRaspberry Piに割り振ったIPアドレスを調べて、PCのSSHクライアントから接続。
初期ユーザ、パスワードは

login as: pi
pi@192.168.0.x's password: raspberry

でログインできたらとりあえず一安心。
あとはRaspbian特有の設定と、debianLinux)の設定を行う。

Raspbianの設定

イメージを書き込んだばかりの初期状態、起動直後のリソースを確認。

$ free -m
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:           927         63        864          0          9         25
-/+ buffers/cache:         27        899
Swap:           99          0         99

$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
rootfs          2.9G  2.4G  335M  88% /
/dev/root       2.9G  2.4G  335M  88% /
devtmpfs        460M     0  460M   0% /dev
tmpfs            93M  264K   93M   1% /run
tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs           186M     0  186M   0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1   56M   19M   37M  34% /boot

つづいて設定をいじる。

$ sudo raspi-config

1 Expand Filesystem
2 Change User Password
3 Enable Boot to Desktop/Scratch
4 Internationalisation Options
5 Enable Camera
6 Add to Rastrack
7 Overclock
8 Advanced Options
9 About raspi-config

初期設定でSDカード2.9GB分しか使わない設定になっているので、1番のExpand Filesystemを実行しておく。再起動すると、SDカードの容量まで使用領域を拡張してくれる。
ちなみに初期状態の拡張後(32GB)はこんな感じ。

$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
rootfs           30G  2.4G   26G   9% /
/dev/root        30G  2.4G   26G   9% /
devtmpfs        460M     0  460M   0% /dev
tmpfs            93M  264K   93M   1% /run
tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs           186M     0  186M   0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1   56M   19M   37M  34% /boot

4番のInternationalisation OptionsよりChange TimezoneでAsiaのTokyoを選択。個人的には英語設定で十分なので、その他はそのまま。

デスクトップ環境は不要のため削除。

$ sudo apt-get remove libx11-.*
$ sudo apt-get autoremove
$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
rootfs           30G 1002M   27G   4% /
/dev/root        30G 1002M   27G   4% /
devtmpfs        460M     0  460M   0% /dev
tmpfs            93M  224K   93M   1% /run
tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs           186M     0  186M   0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1   56M   19M   37M  34% /boot

削除後は約1GBとなる。

何はともあれviは使いづらいのでvimをインスコ。

$ sudo apt-get install vim

最後に最新版にしておく。
そのまえにraspbianのリポジトリを近場に切り替え。

$ sudo vim /etc/apt/sources.list

#deb http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy main contrib non-free rpi
deb http://ftp.jaist.ac.jp/raspbian/ wheezy main contrib non-free rpi
$ sudo apt-get clean
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

最小構成のRaspbian

MINIBIAN
https://minibianpi.wordpress.com/

初期アカウントはroot、パスワードはraspberryでログインできる。
SDカードにイメージを書き込んだ初回起動時の状況。

# free -m
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:           974         40        933          0          2         15
-/+ buffers/cache:         22        952
Swap:            0          0          0
# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
rootfs          419M  334M   60M  85% /
/dev/root       419M  334M   60M  85% /
devtmpfs        484M     0  484M   0% /dev
tmpfs            98M  188K   98M   1% /run
tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs           195M     0  195M   0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1   48M   15M   34M  30% /boot
tmpfs           195M     0  195M   0% /tmp

SDカードの領域を拡張と、タイムゾーンの設定。
(※jessie-minibianの場合は第二パーテーション再確保時の先頭アドレスを第一パーテーションの直後に設定すること)

# fdisk /dev/mmcblk0
p d 2
p n p Enter Enter Enter
p w
# reboot
# resize2fs /dev/mmcblk0p2
# reboot
# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
rootfs           59G  332M   56G   1% /
/dev/root        59G  332M   56G   1% /
devtmpfs        484M     0  484M   0% /dev
tmpfs            98M  188K   98M   1% /run
tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs           195M     0  195M   0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1   48M   15M   34M  30% /boot
tmpfs           195M     0  195M   0% /tmp

# dpkg-reconfigure tzdata
Current default time zone: 'Asia/Tokyo'
Local time is now:      Sun Sep 27 21:36:50 JST 2015.
Universal Time is now:  Sun Sep 27 12:36:50 UTC 2015.

ぶっちゃけraspi-configをインストールしたほうが楽かも。つづいてswapの確保。

# dd if=/dev/zero of=/swap bs=1M count=1024 && mkswap /swap
# vi /etc/fstab
/swap none swap sw 0 0

# reboot

再起動後の確認。

# free -m
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:           974         42        932          0          2         16
-/+ buffers/cache:         24        950
Swap:         1023          0       1023

# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
rootfs           59G  1.4G   55G   3% /
/dev/root        59G  1.4G   55G   3% /
devtmpfs        484M     0  484M   0% /dev
tmpfs            98M  188K   98M   1% /run
tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs           195M     0  195M   0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1   48M   15M   34M  30% /boot
tmpfs           400M     0  400M   0% /tmp

1024MBのスワップ領域を確保したが、普通はメモリの2倍(2048MB)程度が良いらしい。

raspbian-ua-netinst
https://github.com/debian-pi/raspbian-ua-netinst/releases

初期アカウントはroot、パスワードはraspbianでログインできる。

raspbian-ua-netinstはminibianのネットインストール版みたいな感じで、パーテーションがちょっと違う程度。
SDカードにイメージを書き込んだら、ネットにつないだ状態でraspberrypiを起動。勝手にネットインストールが始まる。
20分ぐらい放置すればインストール完了。
完了後はSSHでログイン可能。
設定はminibianとほぼ同じで、初期状態は下のような感じ。
SDカードの領域は最初から拡張されている。

# free -m
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:           927         41        885          0          3         14
-/+ buffers/cache:         23        903
Swap:            0          0          0

# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
rootfs           60G  332M   56G   1% /
udev             10M     0   10M   0% /dev
tmpfs            93M   92K   93M   1% /run
/dev/mmcblk0p2   60G  332M   56G   1% /
tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs           186M     0  186M   0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1  122M   40M   82M  33% /boot
tmpfs           186M     0  186M   0% /tmp

同じ実機に対してインストールしているが、minibianに対しraspbian-ua-netinstのほうがtotalのメモリが少なく認識されている(謎)。
個人的にはminibianが好み。

raspbian-ua-netinstのREADMEで、raspbian用に改良されたメモリ管理パッケージがあるようなのでインスコ。

# apt-get install raspi-copies-and-fills
raspbian-ua-netinst/README
https://github.com/debian-pi/raspbian-ua-netinst/blob/v1.0.7/README.md

jessie-lite と jessie-minibian

32GBのmicrosdカードにimgを書き込み、領域拡張とupdate〜upgradeした後の状態で比較。
まずは公式のjessie-lite

  • 2015-11-21-raspbian-jessie-lite ・・・ 374MB/zip 1.35GB/img
# uname -a
Linux raspberrypi 4.1.13-v7+ #826 SMP PREEMPT Fri Nov 13 20:19:03 GMT 2015 armv7l GNU/Linux

# free -m
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:           925        234        691          6         15        181
-/+ buffers/cache:         37        888
Swap:           99          0         99

# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/root        30G  945M   28G   4% /
devtmpfs        459M     0  459M   0% /dev
tmpfs           463M     0  463M   0% /dev/shm
tmpfs           463M  6.2M  457M   2% /run
tmpfs           5.0M  4.0K  5.0M   1% /run/lock
tmpfs           463M     0  463M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1   60M   20M   41M  34% /boot

jessie-minibianの方がさらにコンパクト。
注意点としてfdiskで領域拡張する際に、第二パーテーションの開始アドレスを第一パーテーションの直後125056とすること。defaultで少しずれているため、自動設定(default)に任せると再起動時に止まってしまう。

  • 2015-11-12-jessie-minibian ・・・ 199MB/zip 794MB/img
# uname -a
Linux minibian 4.1.13-v7+ #826 SMP PREEMPT Fri Nov 13 20:19:03 GMT 2015 armv7l GNU/Linux

# free -m
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:           973         62        910          6          4         28
-/+ buffers/cache:         28        944
Swap:            0          0          0

# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/root        30G  470M   28G   2% /
devtmpfs        483M     0  483M   0% /dev
tmpfs           487M     0  487M   0% /dev/shm
tmpfs           487M  6.4M  481M   2% /run
tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs           487M     0  487M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1   61M   20M   42M  32% /boot